お客様の「ドキドキ」「わくわく」を提供します!「信長書店」

信長書店からのお知らせ

男性のお悩み「早さ」に関して

はじめましてこんにちは

前週まで「シボリカス」がブログを担当しておりましたが

世界に7つある何とかって玉を探しに行く旅に出たので

今回は私、ノッブがつらつらと書き綴っていきたいと思います。

 

前回はシボリカスが自身の体験も踏まえて「中折れ」について語っておりましたが

★前回の内容はコチラ

私ノッブもシボリカス同様にアラフォーでございますので様々な悩みがございます。

 

私の悩みはずばり「早さ」についてなのです

 

早いっ!早すぎるっ!まるでスーパーカー

最初からエンジン全開!気がついたらいやはや出てましたてな具合の日もありまして

早さに憑りつかれている訳ではないので、どうにかしたいと思って色々今回調べてみました。

 

まず前提として実際にどのぐらいの時間が平均でどの程度なら「早い」のでしょうか?

調べてみると色々な数字が出てくるのですが、記載されている内容を平均すると

どうやら6~7分前後というのが平均的なセックスにかかる時間の様です。

(※ちなみにセックスすべての平均は30分程度のようです)

 

そして早さ(=早漏)に関しては2008年5月の米国泌尿器化学会の年次総会で発表された

1:射精がいつも挿入前または挿入後1分以内

2:挿入後に射精をほとんどあるいはまったく遅らせることが出来ない

3:上記より性交が苦痛、悩み、フラストレーション、あるいは性交の回避など

  消極的な個人的体験・結果となる

という事みたいです。

 

何となく早いではなく、上記の定義・平均値などをしっかり知った上で

自分の現状を把握する方が、無駄に悩んだり落ち込んだりしなくていいのかもしれませんね

 

大体の状況が分かったところで気になるのが原因と改善方法

 

原因について調べてみましたところ

 

原因1:心因性

心因性と聞いて「盛り上がりすぎちゃったのかな?」と思ったのですが若干違いまして

過去のトラウマや、以前早くイってしまった経験などにより不安な気持ちになると交感神経が

興奮状態になり射精しやすくなることの様なのです。

 

原因2:過敏性

基本的に射精は性的な刺激をまず脳が受取り、そこから各所に信号が飛ぶことで準備が始まる

様なのですが、過敏性早漏の場合は脳の前に脊髄にある射精中枢が反応して出てしまうとの事

 

原因3:衰弱性

加齢による筋力の衰えにより射精をコントロールする射精管閉鎖筋が弱くなってしまい

我慢が利かなくなり出てしまうと。

個人的に年をとると遅くなるとばかり思っていたのでこれは驚きました!

 

色々な原因があるんですね。

具体的に自分がどれに当てはまるのかわからない場合や何が何でも改善したい場合などは

しかるべき機関で調査・改善をして頂くのが一番だと思いますが、とりあえず出来る範囲で

自分でどうにかしてみたいと思う部分もありますよね

 

 

なので極力改善出来る様にする方法と役に立ちそうなグッズがないかも調べてみました

改善方法1:亀頭を露出させて刺激になれさせる

皮をかぶっている状態だと通常時にあまり刺激を受けることが無く亀頭が刺激に弱い

ままになってしまうのです。

ですので、こちらの

リングを装着する事で、皮をとどめて亀頭を露出させます。

そのまま生活し、歩く際にパンツの中で擦れるなどの刺激を感じ続けることで

少しずつ刺激にならしていこうというものです。

 

改善方法2:射精コントロールのトレーニングをする

改善方法1と同様にいかに刺激になれるかなのですが、肌の刺激ではなく

ペニス全体への刺激です。

方法は「オナニーをし、射精直前で寸止めする」というもの

これを繰り返すことで、ペニス全体を性的刺激に慣れさせていくというものです

(スタート・ストップ法っていうみたいです)

 

この際の注意事項として

・実際のプレイ時と同じようにしないといけないので、亀頭を露出させた状態にする

・ストップするのを繰り返すと逆に遅漏になってしまう可能性があるので過度に行わない

・力強く握りすぎるとその強さに慣れて射精障害になったりするので握りすぎない

だそうです。

 

なので、このトレーニングを行う際には

オナホール等をお使いいただき、強く握りすぎないようにしつつ

いれた状態の刺激を味わって頂くのが良いのかもしれませんね。

 

改善方法3:分厚いコンドームを使う

これは本来の意味での改善とは違うと思いますが、セックスの際に

コンドームを厚くすることで少しでも刺激を減らすというものです。

改善というよりは対応ですが、これで少しでも楽しめて心理的に

解放されることで結果長くなるのであれば試してみる価値はあると思います。

 

改善方法4:射精移管閉鎖筋を鍛える

これは原因3の衰弱性に対するもので、運動の仕方としては

1.仰向けに横たわる。

2.お尻の穴に力を入れる。

3.息を吐きながらゆっくり力を抜いていく。

4.2と3を繰り返す

これを週3回程度行うのが良いみたいです。

 

他に早漏自体の改善ではないですが、例えば前戯の時間を長くし

パートナーの満足感を上げることで、2人ともが楽しめるようにする

というのもあるようです。

 

今回は「早漏」に関して少し調べてみました。

すぐにどうこうではなく地道な努力が必要ではありますがもしそれで

少しでも改善される可能性があるのなら試してみてもいいかと思います。

 

また機会がありましたら、他のお悩みなどに関しても調べて書き綴れればと思います。

 

※今回の記事に関しては私が調べた結果を記載したものですので、根本的な解決をお求めの

場合には医療機関などを受診されることをお薦めします。

 

それでは今週はここまでです。

ではまた次回お会いしましょう。

 

今回ご紹介した商品は信長トイズ公式通販ショップでご購入いただけます。

その他いろいろ取り扱っておりますのでもしよろしければ

信長トイズ公式通販ショップもご覧くださいませ

↑クリックで通販ショップに移動します

___________________

通販ショップの公式Twitterアカウントもございます。

商品情報など日々つぶやいておりますのでもし

よろしければチェック&フォローをお願いいたします。

カテゴリー | 信長書店BLOG , LOVE TOYS担当者BLOG2021年02月3日

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ