お客様の「ドキドキ」「わくわく」を提供します!「信長書店」

信長書店からのお知らせ

電マを選ぶ際に注目していただきたい新要素!パワー?素材?いや!伝導力です!詳しく説明します!【アダルトグッズ講座】

おはこんばんちわいやで!
信長トイズのヒゲアブラーやで!
今回もアダルトグッズに関わる、いろんな疑問、お悩みにお答えしていくアダルトグッズ講座シリーズですで!

電マの動力源を知っていますか?

電動系のアダルトグッズといえば、電池で動くものがほとんどです。乾電池やリチウムイオン充電池ですね。しかし、その中において電マだけがコンセント、AC電源で動くものがあるのです!

というのも「電マ」というのは「電動マッサージャー」の略称。本来はマッサージするための家電製品だったのです!(今でもそうです。家電製品屋はんでマッサージコーナーに置いています。)

それが、AV等の動画で使用されたことから、爆発的にアダルトグッズとしての需要が増えたという経緯です。
なので他のアダルトグッズとは違ってAC電源の商品があるのです!

ではAC電源・乾電池・リチウムイオン充電池での違いはどんなものになるのでしょうか?

AC電源


一般的に言われているのが、電池系の電マに比べてハイパワーということです。小さい乾電池やバッテリーではなく、冷蔵庫やクーラーも動かしているAC電源ですからね。
乾電池を別に用意したり、事前に充電しておく必要もありません。

ただ、デメリットとしてコンセントであるがゆえのケーブルの存在。長めに付けられているとはいえ、プレイ中の邪魔になることは間違いありません…。
そして当たり前のことですが、コンセントの無い場所では使えません。

乾電池


電池のストックさえあれば、いつでもどこでも使用時間をあまり気にせずに電マを楽しむことができます。
デメリットとしては随時電池購入の必要があるので、コストが増えます。
また、AC電源に比べるとパワーは弱いとされています。

リチウムイオンバッテリー


充電をしておけば、いつでもどこでも電マを楽しむことができます。
デメリットとしては充電が切れた時には再充電するまで使えないこと。スマホのように充電しながら使う事はできません。また、AC電源に比べるとパワーは弱いとされています。

実際に試してみよう!

上で挙げた、それぞれのメリット・デメリットは一般的に言われているという伝聞の内容です。信長トイズにある電マで実際に試してレビューしてわいなりの答えを出しまっするよ!レッツゴー!

乾電池駆動の電マ

『フェアリーアクア』


電マといえばフェアリー!と言われるくらい代表的なシリーズ商品。アクアと名前が付くだけあって生活防水なのがうれしいですね。

実際に試してみると、乾電池駆動とは思えないほどのバイブレーション!表面にドッカンドッカン振動が伝わります。なるほど、振動力の高さが電マの魅力なのですなぁ!
ただ、肩にあててみても、わいの肩こりをほぐせる感じはしませんでしたね。(アダルトグッズなので当たり前ですね。)

リチウムイオンバッテリー駆動の電マ

『完全防水 幸福温感 DENMA VIBE(デンマバイブ)ピンク』


今流行の完全防水!前回のアダルトグッズ講座でも説明しましたが、お風呂で気兼ねなく使う事ができ、使用後に丸洗いできるのが便利です。

実際にスイッチをONにすると、バイブレーションの大きさは乾電池駆動の『フェアリーアクア』の方が強かったのですが、体に当ててみると…、『フェアリーアクア』よりも体の内部に響く!
ひょっとしてこの重みのある、内部への振動が電マの力なの?外観はあまり変わらないのに内部への力の伝わり方が全く違う!このサイズでしっかりと「マッサージ感」も持っていました。

AC電源駆動の電マ

『BULL ANNEX ブル アネックス』


前評判では一番パワフルとされていたAC電源駆動の電マでしたが、意外なことに今回の3種のなかで一番音も静かで、振動力もおとなしめでした。ただ、振動の細かさが凄かった。他の電マに比べてかなり小刻みに震えているのです。この細かい振動が体の内部まで浸透しているようです。マッサージ感が強いのはAC電源の『BULL ANNEX ブル アネックス』でしたね。精密な細かいバイブレーションに電力が必要なのでしょうかね。

こんなかわいい電マもあるよ

上記の電マはレギュラーサイズのものですが、中には可愛らしいサイズの電マもございますよ!

『デンマ ハニー ピンク』

ストラップになっているので、好きなところにつける事ができます。
世界最小クラスですが、しっかりと4段階に強さを調節できるのがいいですね。

実際に使ってみると、電マの重みのある振動は全く無く、あくまでミニローターが電マの形をしている、という商品ですね。いろんな意味でまさしくジョークグッズです。

まとめ

最初は電マというのは、バイブやローターに比べて「振動力」が強いのが特徴だと思っていました。しかし、複数の電マを試しているうちに、表面だけの「振動力」よりも体の内部に振動を浸透させる「伝導力」の方が重要だと思いなおしました!「伝導力」自体が体に心地よかったのです!

もちろん、わい個人の感想です。実際には表面への振動力をお求めの方もたくさんいらっしゃるとおもいます。実際にアダルトグッズを使用しての感想ってあまり聞く機会がありませんので、少しでも参考になればうれしいです!

ちゃんと股間にもあてて試しましたよ!
やはり感度の高い部位に当てると、さらに強調されて振動力や伝導力がわかりやすいですね!

今回も紹介した内容を含めたYouTube動画をアップしていますので、よろしければチェックしてくださいませですで!

今回ご紹介した商品の他にもいろいろ商品を取り扱っておりますので、もしよろしければ〈信長トイズ公式通販ショップ〉をご覧くださいね!

↑クリックで通販ショップに移動します↑

通販ショップの公式Twitterアカウントもございます。

商品情報など日々つぶやいておりますのでもし

よろしければチェック&フォローをお願いいたします。

今回紹介した電マ

『フェアリーアクア』

ハイパワーなバイブレーションはそのままに、今までご要望の多かった防水機能をプラス
更に振動パターンは5段階とグレードアップ!
使用後は水でサッと洗えて衛生的です。
コードレスの電池式で、場所を選ばずいつでもどこでもフェアリーの振動を楽しめます。
今までより更に静音化に成功したので、音も気にせず使用できます。
ヘッド径は50mmですが、従来の45mmヘッド用のアタッチメントも装着できます。
○完全防水
○高出力モーター使用
○医療用シリコン素材使用
○ヘッド径:50mm
全体サイズ : W52×230×D52(mm)
本体重量 : 260g
箱サイズ : W75×250×D75mm
単3電池×4本使用(付属)
外装重量 : 330g

https://www.nobunaga-toys.com/?pid=161159275

『完全防水 幸福温感 DENMA VIBE(デンマバイブ)ピンク』

かわいい雰囲気のピンク色だけどその実力は最強の電マ × 最強のバイブ!
2 in 1の超万能アイテムで最高のSEX!
様々な女性の好みに合わせた9種の振動パターン&強弱3段階はソフトタッチな繊細振動からパワフル振動まで多彩な振動バリエーション!
バイブ側にはヒート機能を搭載しています。
幸せ温感と高品質ソフトシリコンの感触も相まってリアルな人肌感覚はまさにポカポカあったかホンモノSEX!
【完全防水IPX7等級】水での故障を軽減。
使用前後にそのまま水洗いもでき衛生面にもこだわっています。
【静音設計 ≦50dB】パワフルなのに静かな高性能モーターを搭載。
周りを気にせずにお楽しみいただけます。
検査番号:2101423
■商品サイズ(mm)縦273横103奥行60
■商品重量(g)323
■本体サイズ(mm)縦200×横45×奥行45
■本体重量(g)、内容量(ml)229
■付属品 USB充電ケーブル

https://www.nobunaga-toys.com/?pid=161159275

『BULL ANNEX ブル アネックス』

直感的でシンプルな操作性!
静穏ながら力強い重振動を発揮!
コントローラーは無段階調節式で自分好みの微妙な振動の強弱も調節できます。
AC電源を使用するため、煩わしい使用前の充電や電池切れの心配はありません。
電源コードの長さは3.5mもあり、部屋中どこでも、使用する場所を選びません。

https://www.nobunaga-toys.com/?pid=150302339

『デンマ ハニー ピンク』

こんなかわいらしいマッサージャはいかがですか?
小さなボディに秘められた本格パワフル振動で、あなたの色んなコッた部分をリフレッシュ。
シリコンヘッドもしっかり柔軟性を持ち、通電時には、テール部分がムーディな青色LEDで
彩られます。ポーチやバッグに忍ばせておいて、いろんなところでマッサージ!

https://www.nobunaga-toys.com/?pid=150615022

 

アダルトグッズ講座シリーズバックナンバー

アダルトグッズに関わる、いろんな疑問、お悩みにお答えしていくアダルトグッズ講座シリーズ!

「勃起力」にお悩みの方には『ペニスリング』の説明

「包茎」にお悩みの方には『包茎矯正リング』の説明

「早漏」にお悩みの方には『早漏サポートグッズ』の説明

オナホールの実力を引き出す『オナホ専用ローション』の説明

アダルトグッズの『防水性能』を説明

 

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ