お客様の「ドキドキ」「わくわく」を提供します!「信長書店」

信長書店からのお知らせ

♡パンティストッキングをスネ毛処理なし男子が履き比べ!

こんにちは

信長書店コスチューム担当者のLADY B(レディ ビー)です!

レッグコーナーでよく目にする「デニール」って何?答えは「糸の太さの単位」でした(^▽^)ノ

デニール数が大きくなるほど糸が太く丈夫になるので、厚みや透け感が変わります。

 

一般的に30デニール未満をストッキング、30デニール以上をタイツと言うそうです。

足をナチュラルに見せたいならストッキング、しっかりカバーしたいならタイツでしょうか。

 

じゃあ、スネ毛があったらどうするの?

女装子さんやおとこの娘のお客様も多い信長書店ですから、ここはちゃんと調べておきたい!

LADY Bの隣席で毎日ため息ばっかりついてるBT上司に協力してもらいデニール検証しましたよ☆15デニール(ストッキング)

ナチュラル感が凄すぎる・・・履いていないみたいです。これはもう生足です( ̄▽ ̄)

スネ毛のない部分はすごく綺麗で透明感がありますので、脱毛済みなら履きこなせそう!

あと、ストッキングを履きなれないと履くだけで破ってしまいそうな薄さです。20デニール(ストッキング)

女性が履いている最も一般的なストッキングが、薄すぎず厚すぎない20デニールぐらいです。

スネ毛を隠すにはまだまだですが、15デニールに比べると程よくカバー力があります。35デニール(タイツ)

ここから厚みが増してタイツになります。ストッキングに比べてマットな質感と暖かい履き心地。

糸が丈夫なので履く時も破れそうな心配がありません。

でもまだスネ毛は隠れてくれません、意外と隠れないものです( ̄o ̄)35デニール(タイツ)+20デニール(ストッキング)

タイツだけだと いかにも履いてます という印象ですが、上からストッキングを重ねると不思議と艶が出てナチュラルで女性らしい足になります。「二枚履き」は女装子さんのブログで知った裏ワザです☆’・:*:・’゚:50デニール バレエピンク(フィットネスタイツ)

ダンスにも日常にも使用出来るというフィットネスタイツ、伸びがよく履きやすいです。洗濯にも強そう。

バレエピンクはちょっと不自然な白さですが、ナースやお人形の足みたいになりたい方にはオススメ。

しかしこれでもまだスネ毛は隠しきれません!50デニール バレエピンク(フィットネスタイツ)+20デニール(ストッキング)

「二枚履き」さすがです。不自然な白さのタイツもストッキングを重ねるだけで自然になりました。50デニール キャメル(フィットネスタイツ)

スネ毛はかなり隠れましたが、男性マネキンの小麦色に焼けた足みたい・・・

もしくはシルバー世代のようなタイツの厚みを感じさせて、セクシーさが全くありません。50デニール キャメル(フィットネスタイツ)+15デニール(ストッキング)

おぉぉーーー!!!この「二枚履き」が最強ではないでしょうか(≧∇≦)///

濃いタイツでスネ毛を隠し→ストッキングでナチュラルを補う→自然で綺麗な足になれます!

全く処理しないスネ毛でこの仕上がりですので、簡単に剃るだけでも更に仕上がりが期待出来そうです。50デニール ブロンド(フィットネスタイツ)

少し黄色味のあるブラウン。キャメルに比べるとスネ毛が透けて見えます。60デニール(タイツ)

ここまでデニール数の大きい肌色タイツはあまりお店で見かけません。なぜかタイツと言えば黒ばかり。

肌色だとスネ毛をかなりカバーしているのがよくわかります。でも、やはり、これだけで履くには厳しいです。

暗い場所や遠目なら全然わからないのですが・・・80デニール(タイツ)

探すのも苦労した80デニールの肌色!なかなかありません。入荷予定もありません(- -)

80デニールでも隠れそうで隠れない・・・黒いスネ毛はなかなかの強敵です。

 

ここまで試してわかったのは、何もお手入れしていないスネ毛を肌色1枚で隠すのは難しいということ。

そして「二枚履き」が最強でした!濃いタイツ+ストッキングの組み合わせが想像以上に良かったです。

ただ、「二枚履き」は慣れないとストッキングが破れそうなハラハラもありますのでお気をつけ下さいね。

 

なお、信長書店では大人気の除毛クリーム「セシルマイア インバスリムーバー」も取り扱っています。

こちらのブログで詳しくご紹介しています☆

♡ヒゲアブラーが試したよ!大人気の除毛クリーム”セシルマイア インバスリムーバー”

 

わたくしのツイッターもあります。

気になったコスチュームなどを写真付きでご紹介しています。

良かったらフォローお願いします♪

カテゴリー | 信長書店BLOG , コスチューム担当者BLOG2018年03月23日

最新記事

カテゴリー