お客様の「ドキドキ」「わくわく」を提供します!日本初のメンズホビーショップ「信長書店」

信長書店からのお知らせ

てんちょブログ 第1回 『うしおととら』

tenchoblog

どうも、わいです。
本日よりこちらのコーナーにて「てんちょブログ」はじめました。
てんちょの個人的な趣味趣向を紹介していきたいと思います。
皆さん漫画は好きですか?
わいは大好きです。『物語』が大好きなんです。
ギャグ漫画や4コマ漫画よりもストーリー漫画に傾倒してます。

img_11051

そしてまずてんちょブログ第一回に紹介したいのが、
現在アニメも放送されている・・・
『うしおととら』
言わずと知れた少年漫画の大御所藤田和日郎先生の出世作。
1990年から1996年にかけて「週刊少年サンデー」で連載された
漫画です。主人公「うしお」の「獣の槍」と妖怪「とら」とともに
宿敵「白面の者」との戦いを描いています。

この作品が連載終了からおよそ20年も経ってからアニメ化されて
いるのも『物語』の構成力の高さが評価され続けているからだと
思います。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、
単発単発の『物語』であったものが終盤にかけて大きな一つの
『物語』に収斂していきます。
この『物語』の収斂の素晴らしさが藤田先生作品の魅力です。
週刊連載という毎週毎週の盛り上げが必須な状況のなか
それぞれのエピソードを一つの作品を通じてのクライマックスに
繋げるというのはなかなか出来ることではありません。
風呂敷を広げるだけ広げて、伏線を回収せずに終わる漫画も
少なくないですが『うしおととら』は見事に風呂敷を畳みきって
終わります。全てのエピソードが『うしおととら』という作品を
構成するのに必要なものなのです。
現在放送のアニメも藤田先生が監修されているので
出来る限り必要なエピソードは削られていないのですが
やはり全てが収録されているわけではありません、
アニメで『うしおととら』に興味を持った方には
是非原作漫画を読んで頂きたい。
アニメで登場できなかった『物語』も楽しんでこそ
『うしおととら』の 『物語』は完成すると思うのです。

そして藤田先生の他の作品も読んで頂きたい。
特に『からくりサーカス』は個人的に一番のオススメです。
からくりもアニメ化してくれないかなぁ。

しばらく少年漫画から離れていた藤田先生ですが
2016年の2月から週刊少年サンデーで連載も決定しました。
また新しい藤田先生の『物語』が楽しみです。

カテゴリー | 店舗情報 , 難波店2015年11月30日