お客様の「ドキドキ」「わくわく」を提供します!「信長書店」

信長書店からのお知らせ

ローションの成分って気にしたことありますか?

こんばんは!信長書店四条河原町店のにっしゃんです!
昨日は京都でも初雪を観測するなど、日一日と季節が進んで行くのを感じますね。
同時にインフルエンザも流行り出しているようですので、より一層体調管理にはお気を付け下さいね。

 

以前のブログでもローションについて取り上げたことはあるのですが、
みなさまローションの成分って注目されたことはありますか?
わたくしはなかったです( ー`дー´)キリッ

 

偉そうに言えることではなかったですね・・・
でもローションの成分について知るって、実はかなり重要なことなんです。
お肌に直接触れるものだし、バイブやローターなど、
いろんなアダルトグッズと一緒に使ったりもするから、ちゃんとその用途に合ったものを選びたい!
売れ筋やからこれでいいやん!ではなく、用途にあったものを見定めてこそ真のキング・オブ・ローショナー!

 

で、どうやって見定めんねんな、にっしゃん。。。
ちゅーわけでござまして。。。

 

ドデデドデデドデデデン!

ローションの種類、使われている成分やメリットなど、タメになる情報がタンマリなPOPですね!
4Fのグッズ売場や階段に設置されてますので、ぜひぜひ見てください!

 

・・・
・・

 

ポリアクリル酸ナトリウム
カルボキシビニルポリマー
ヒドロキシプロピルセルロース
グリセリン
ポリクオタニウム

 


・・
・・・

 

ふぉおおおお!頭痛くなりそう!

 

でもここはちゃんと一つ一つ見るのです!
頑張るのです!大丈夫!ほとんどカタカナや!

 

と、POPに記載されているように、ローションはその成分によって特徴は全く異なり、
どういう場面での使用に適しているかも全く変わってくるんです。

 


 

ポリアク系(ポリアクリル酸ナトリウム)
ローションの成分としてもっとも一般的な成分です。
紙おむつなどにも使用され、水分を吸収し粘り気を出します。
ぬるぬる感が強いので、エロ~いローションプレイには持って来い!
ローションと聞いて連想するぬるぬるは、ポリアクのそれだ!と言っても過言ではないでしょう。

 

安価で多くのローションに使用されている成分ですが、
水分を吸収するという性質上、肌の水分まで吸収してしまう恐れもあり、
女性の膣内に入ると乾燥や雑菌の繁殖を促す恐れもあるので、セックスには向いていないと言えます。
また粘り気が強いだけに、洗っても落ちにくいといったデメリットもあります。

 

ペペローション360ml

ペペローション360ml

言わずと知れたペペ!こちらもポリアクリル酸ナトリウム使用。
このローションに限らず、本当に多くのローションに使われる成分なので、
ペペだから!という成分でもないんですけどね・・・。

 

前述の通り、肌に良いとは言えない成分でございます。
ポリアクリル酸ナトリウムを使っていないという肌に優しいローションはこちら!↓

 

サラタッチ

サラタッチ

ポリアクリル酸フリーを謳っている肌に優しいローション。
サッと拭き取るだけで良いので後始末もラクチンです。

 


 

カルボマー系(カルボキシビニルポリマー)
化粧品や化粧水に使われ、お肌にも低刺激なので安全性の高い成分です。
肌の上に膜を張った様な状態を作りだすので、サッと拭くだけでローションを落とすことが可能です。
肌に乗っかった「ぷるるん」が「つるるん」と落ちるイメージですね。
「洗い不要」を謳ったローションに多く使われています。

 

 

サラッとしていて乾きやすく、長時間プレイには向いていません。
粘りが弱いので、ポリアク系のような糸引きネバネバプレイには向いていませんが、
あんまりネバっこいのも嫌だ!というなら全然アリですね。

 

グルーヴ ノンウォッシュ

グルーヴ ノンウォッシュ

ペペシリーズの洗い不要ローション。
使用後もラクチンです。

 


 

ヒドロ系(ヒドロキシプロピルセルロース)
特徴としてはカルボマー系と似ていて、拭き取りやすく粘りが少ないのが特徴です。
最近ではカルボマー系の方が主流のようで、あまりヒドロ系は見かけません。
カルボマー系との微妙な違いを探ってみるのも面白いかもね!

 

ペペ ラバーアンドラバー360ml

ペペ ラバーアンドラバー360ml

べたつきもすくなく拭き取りやすいローションです。
液ダレも少なめです。

 


 

グリセリン系
グリセリンは肌に優しく、保水性に優れるので浣腸や目薬にも使われるようです。
ポリアク系と異なり、膣内の水分を奪わず潤いを保ってくれるので、
性交痛でお悩みの方には、グリセリン系ローションはオススメです。
またグリセリン系のローションの多くは水溶性で、簡単に洗い流せるのもメリットです。

 

デメリットとしては、お値段が少し高く、ぬるぬる感は少ないので、
あまりエロティックなプレイには向きません。

 

Gグリセリンローション60ml HOT

Gグリセリンローション60ml HOT

こちら後述のポリクオタニウムも含んでいますので、肌にも優しいです。

 


 

ポリクオ系(ポリクオタニウム)
化粧品や一般的なシャンプーにも使われている成分で、低刺激で肌に優しい成分です。
肌の潤いを保ちつつ、ポリアクリル酸ナトリウムと同等の潤滑性も保持しています。

 

と良いことづくめに見えるのですが、ポリクオ系に属するローションが少ない!
バリエーションが少なく、ローションの種類が限られてしまうのは残念なところですね。

 

ブランシークレットシリーズ

ブランシークレットシリーズ

こちらは後述のシリコン系にも当てはまるのですが、
ポリクオ系は種類が少ないのでこちらでもご紹介となりますm(__)m

 


 

オイル系
オイルであって水ではない!よって乾きにくいのです!
長時間プレイにはいいですね!

 

オイルということは油ということなので、ベタベタ感はあります。
またラテックス製のコンドームと共に使用すると、コンドーム側を溶かしてしまうということもあります。
ラテックス製のコンドームとの使用は避けるようにして下さいね。

 

REN ラベンダーの香り

REN ラベンダーの香り

REN 無香料

REN 無香料

べたつきが気になるオイル系!とたった今言ったばかりなのですが、
こちらはそこまでべたつくこともなく、洗い流しも簡単です。
サンプルがあるのでぜひお確かめください。

 


 

シリコン系
ローションの中でも最も長時間潤滑性を維持するのがシリコン系。
オイルのように滑らかなのに少量でも乾きにくいので、アナルプレイに適しているといえます。

 

デメリットとしては、洗い流しづらいということ。
また同じシリコン系のグッズと一緒に使ってしまうと、グッズを溶かす可能性があります。
ご使用の際は十分ご注意ください。

 

ブランシークレット リッチシリコン

ブランシークレット リッチシリコン

先ほどポリクオ系でご紹介したブランシークレットシリーズにもシリコンは含まれています。
そのブランシークレットシリーズでも特にシリコンが豊富な、
ブランシークレット リッチシリコン

 


ただこちら、他のブランシークレットシリーズとは違い、
ポリクオタニウムの表記がありませんでした。
同じシリーズではありますが、やはり成分には違いがあるので、
ローション選びには注意が必要ですね!

 


 

いかがでしたでしょうか?
ローションといっても人と同じように、ものによって得手不得手があるんですね!
ご自分に合ったものをお買い求めくださいね。

 

今週も信長書店四条河原町店のにっしゃんがお送りいたしました!
ではではまた来週ーッ!

 

ツイッターでは、オススメ&案内ツイートをおこなってます。
そちらもぜひご覧ください。


 

カテゴリー | 店舗情報 , 四条河原町店2017年12月14日